001

葉桜


葉桜
TITLE
「葉桜」
AUTHOR
 
ILLUSTRATION
富岡永洗
CONDITION
EDITION
SIZE
238×321
PAGES
PUBLISHER
PUBLISHED YEAR
1885
PRICE
SOLD OUT
OTHERNOTES
「・・・ 中味は読まんが、口絵は永洗だ、艶なものだよ」と泉鏡花が、「薄紅梅」の作中人物に謳わせた富岡永洗。
「八雲の契り」は、夙に有名ですが、この「葉桜」は、あまり見かけません。
若衆髷の歌舞伎役者、交合しながらの心中です。

木版12図組物のばらし。
マットの窓を2つ切って、序文と共に額装してあります。

002

黄素妙論養生訓


黄素妙論養生訓 黄素妙論養生訓

黄素妙論養生訓 黄素妙論養生訓
TITLE
黄素妙論養生訓
AUTHOR
陽起山人
ILLUSTRATION
不明
CONDITION
美 元表紙・元題簽
EDITION
SIZE
小本(183×120)
PAGES
27丁
PUBLISHER
PUBLISHED YEAR
天保頃(1830)
PRICE
SOLD OUT
OTHERNOTES
信長、秀吉、家康などの主治医・曲直瀬道三が、天分21年(1552)、同じく戦国武将の松永弾正久秀に書き与え、下って、元和頃(1620)と文化5年(1808)と少なくとも二度にわたり版本として上梓される所となった珍本「黄素妙論」 中国明代に出版された「素女妙論」の和訳本であるとされています。
房中術、所謂、性の指南書です。
そして、本書「黄素妙論養生訓」は、文化版には無い、見開き図版15図を性具解説・女陰品評と共に加えて、文化5年版の後塵を拝するかたちで上梓されたものです。
さらに、興味深いことに、本書の後半5丁は、明らかに文化版と同じ版木が使われております。

「女人をあをのきにふさしめ、男の両手にて女の両足をとらへ、女の乳のとをりまで女の足をおしかがめ、即玉茎をさしこむ時女人の慾情をのづから動して美快をきはめ液汁ながるる事限なし。」

003

枕童児抜差万遍玉莖


枕童児抜差万遍玉莖 枕童児抜差万遍玉莖

枕童児抜差万遍玉莖 枕童児抜差万遍玉莖
TITLE
「枕童児抜差万遍玉莖」
AUTHOR
竹原春朝斎
ILLUSTRATION
竹原春朝斎
CONDITION
替表紙・本文部分半丁欠落
EDITION
SIZE
大本(255×177)
PAGES
71丁
PUBLISHER
PUBLISHED YEAR
幕末頃
PRICE
SOLD OUT
OTHERNOTES
国書総目録では、「雪鼎画」となっておりますが、近年研究者の間では、「都名所図会」の絵師・竹原春朝斎が定説のようです。
いずれにせよ、その雪鼎風の図版は、見開き図を数えただけでも28図と、かなりの数が収録されております。替表紙・半丁欠を除けば、手擦れも僅か、美本と言って良いと思います。

(男)「いくかいくか。灸は前三後七といへば、前から三ばん、後ろから七チばん、存分に気をやらしてやるぞ」

(女)「アイアイそりやうれしい。アア アアままにならぬ。奥の方を突いていなァ」

↑ ページTOPへ

ご希望の商品がございましたら、こちらのメールボタンより、
お名前・ご連絡先・ご希望商品をお書き添えのうえ、ご送信下さい。
在庫の有無等、詳細は、折り返しこちらからご連絡申し上げます。

mail